2014年02月25日

「みんなで子育て」シェアハウス

 ~シェアハウス~もう最近ではよく耳にする言葉になりました。

言葉の通りひとつの住居を複数人で共有することです。

今までのシェアハウスとは少し違う、ターゲットを絞り込んだシェアハウスが、

東京都代官山に開業。渋谷区が所有する旧職員住宅の土地建物を東急電鉄が借り

受けシェアハウスとして改修。

シングルペアレント(ひとり親)と子育てを応援したい人を主な対象に、

入居者同士が支え合いながら「みんなで子育て」をする環境を目指す。

共用部の施設として、リビングには誰もが自由に書き込める「落書きボード」を、

各階にユニットバスやミニキッチンなど設置。屋上にはウッドデッキや家庭菜園の

他素足で遊べるエリアを設ける。




また子育て中の心配事を入居者同士や地域住民で気軽に助け合う仕組みや、ICカードを

利用した子ども見守りサービスも導入する。    (新建ハウジング2013.12より一部抜粋)

子どもが小さい時などは、こどもを一人に出来ないので外が豪雨であろうと一緒に出かけなければ

いけないですよね。そんな時、少しの間子どもをみてくれる大人がいてくれると助かり

ますね。色々なタイプのシェアハウスがあり、実際住んでみないと住みやすいかどうかは

その人とそこにいる人々の間にしかわからない事ですので、シェアハウスがいいとは

言い切れませんが、住む選択肢が増えたという事は、今の状況を変えたいと思う人々には

いいのかもしれませんね。
                                 

  


Posted by 明石の日置建設 at 10:20Comments(0)その他

2014年02月17日

いただきました!

 本日、お客様から白菜と大根をいただいたのですが、

白菜の大きさにビックリ!!!







この大きさ、伝わっていますか?!

すごく立派です!!しかも、中もキレイで青々としてとても美味しそう~。

また明日からも気温が下がるみたいなので、お鍋に♫♫

ありがとうございます!

  


Posted by 明石の日置建設 at 15:30Comments(0)その他

2014年02月03日

知ってました?

 先日、ニュースを読んでいて、気になったものを少しご紹介します。

「木は樹齢を重ねるほどに成長スピードが早くなる!」ということが最近の

調査でわかったそうです。

 ~以下記事を抜粋~

人間を含めほとんどの動植物は生まれると急成長をし、その成長スピードは特定の時期にくると緩やかになる。そして、ある時期からは老化の一途をたどってやがて死に至る。しかし樹木はそうではないらしい。成長した木の方が若木より成長スピードが早いことが最近の調査でわかった。

科学者らが世界6大陸の熱帯・温帯地域に植わっている403種類の木の成長過程記録を調査した。その結果、97%の種類で、樹齢80年以降になると成長スピードが加速することがわかった。

意外だと思う人は多いのではないか。人間について考えると、歳をとるほど細胞の機能は低下し、やがて活動は停止する。これについて、調査に参加した森林生態学専門のネイト・ステファソン氏は「木は“加齢”で死ぬことはない。生きている限りは成長を続ける。死ぬのは火事や伐採、病気など外的要因のため」と説明する。

どうやら、「大人になった木の成長は遅い」というこれまでの認識は、私たち人間と同じような成長過程を経るもの、という思い込みによるものだったらしい。


いかがですか?

先日もSTAP細胞に関係する研究を30歳の女性研究員が発表し、テレビなどでもよく取り上げられていますね。

実験や研究など、何年もかけて結果がでるものもあれば、そうでないもの

もあると思いますが、まだまだ常識を覆すこともありそうな予感がします。



  


Posted by 明石の日置建設 at 13:12Comments(0)その他